初代HDD2012/10/17 昇天orz
 
53073
 
 
自宅サーバ監視
株式会社シーマン サーバー監視サービス

無料DDNSサービス

 

NetCommonsインストールしました

2014/10/18 23:32 ブッチャー
NetCommonsをRaspberry Piにインストールしました。

サーバ:Raspberry Pi TypeB
OS:RASPBIAN(Debian Wheezy)

Apache2、PHP5、MySQLはapt-getでインストールしました。

このページを参考にして必要そうな所を設定しました。
http://netlog.jpn.org/r271-635/2013/01/raspberry_pi_webserver.html

hostsファイルとかは自分の環境に合わせて書き換えておいてね。固定IP持っていてDNSサーバで内向きの設定していれば大丈夫かな?

NetCommonsの最新版をダウンロードして、WinSCPかFileZillaで転送しておきます。

解凍
$ sudo tar xvzf /tmp/NetCommons-2.4.2.0.tar.gz

/html/を/var/www/へコピー
$ sudo cp -r /home/ユーザー名/NetCommons-2.4.2.0/html/ /var/www/

パーミッション変更
$ sudo chmod 777 /var/www/html/webapp/config/install.inc.php
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html/webapp/uploads/
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html/webapp/templates_c/
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html/htdocs/
$ sudo chmod 444 /var/www/html/htdocs/index.php

ファイル、ディレクトリー削除
$ rm NetCommons-2.4.2.0.tar.gz
$ mv -R NetCommons-2.4.2.0

MySQLのrootユーザーパスワード設定とデータベース作成
$ mysql
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('パスワード');
mysql> quit

MySQLに入り直し

$ mysql -u root -p
Enter password:パスワード
mysql> CREATE DATABASE データベース名 CHARACTER SET utf8;
mysql> show databases;
データベースができていたらOK
mysql> quit

ドキュメントルート変更
$ sudo vi /etc/apache2/sites-available/default

     DocumentRoot /var/www/html/htdocs ←環境に合わせてhtdocsになるように変更

viの操作
よくわからなくなったらEscを押す(コマンドモード)
入力したいときは、Esc→i アイ を押せばカーソル位置に入力できる。(編集モード)
保存して終了したい場合は、Esc→:wq コロン ダブリュ キュー
終了は、Esc→:q コロン キュー

Apacheリスタート
$ sudo apachectl restart

ブラウザでurlを撃ちこめばインストールが始まるはず、インストール終了後パーミッション変更します。
$ sudo chmod 444 /var/www/html/webapp/config/install.inc.php

これで、ページが表示されるはず。あとは、ログインしてセッティングモードでモジュールを追加していけば編集できますね。

juiceSSHで負荷を見てみました

2014/10/19 0:25  ブッチャー

Mumbleに3人ほど入っている状態で、ページのリロード時、CPU使用率40~50% メモリーの空きは280~300MBでした。
インストール中はCPU使用率は100%でしたwww

このページのように、アクセスが非常に少ない状態なら、なんとか我慢できるパフォーマンスというところでしょうか?

Raspberry Piで動的ページはちょっとつらいかな? クイックホームページメーカーなら軽いかな・・・